運だけで生きているようなものかも

私が着物を買い取ってくれる店を探し

読了までの目安時間:約 6分

 

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高額査定がつきやすく、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるようでした。シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。
着物は着るのも見るのも良いものですが手入れには本当に気を遣います。虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで十分手間をかけないと状態を保てません。もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れもその分だけ楽になります。
和服買い取り専門業者の中で迷っているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、実際に利用した人の満足度が高いことで知られています。専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、年中無休で受け付けているので、忙しくても手があいたときに問い合わせできる点が嬉しいですね。携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、利用しやすい業者さんだと思います。
成人式に着た振袖は、皆さん忘れられない思い出や思い入れを持っているもので、絶対手元に置いておくという人も多くて当たり前ですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、次に着てくれる人に譲ればこれからの自分のためかもしれません。買ってから日が浅く、ものが良ければそこそこの買取価格で売れるでしょう。自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。
それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、断って別の店を探すこともできます。対面で疑問点の解消もできますし、価格を交渉することもできます。また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、納得できた業者さんだけに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、実家にはたくさんあります。濃い色の退色が見られるものもあったのですが、それなりの値段がついたので良かったです。なんでも昨今は、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買取になる事例が多いそうです。もちろん、査定額はそれなりです。でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。
着物買取の査定では、主な判断材料として着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。着物としてどれほど高級だとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはかなり価値を下げてしまうのが仕方ないと思ってください。手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買取できるかもしれません。くれぐれも素人判断は禁物です。まず無料査定にかけてみるのが一番です。どうにも着る機会がない着物に困っていませんか?着物は着るべき時に着るもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。振袖は特に、袖の長さの分だけ虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。いろいろな理由で、着ることがない着物があれば業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。仕立てなどがいいものであれば傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。

思い入れのある織り着物を持っていたのですが、きちんと手入れしながらしまっていても、洋服しか着ない毎日ですし、この先、その着物を着る機会がないと気づき思い切って処分しようかと迷いました。ネットであれこれ検索して、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。誰か着てくれる人がいるなら大事な着物を生かせると思い、買い取りしてもらうことを決心しました。
これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。中古の着物を扱っている店舗では、喪服に対する需要はきわめて少ないからです。それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

こちらもおすすめ⇒大島紬の買取おすすめ業者一覧

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed